40代・50代におすすめのファンデーションを紹介します

40代・50代から悪化してくるシワ、毛穴の開き。そこに溜まるファンデーションは美肌からは程遠い印象を人に与えてしまいます。乾燥が酷くなる40代からは保湿効果のある美容液ファンデーションを使うだけで、ハリ・潤いのある肌を維持することができます。

 

高価な化粧水、美容液、オールインワンなど使用するよりも、効率よく小じわ、たるみ、肌のくすみ、毛穴の開きなどを保湿ケアし、しかも今ある肌トラブルはしっかりと隠してくれます。

 

 

40代・50代向けファンデーションランキング

保湿効果もある美容液ファンデを使い続けることで、シワ、くすみ、しみを予防することにも繋がります。

 

 

ディレイアTO BBクリームの特徴
エイジングケア成分、紫外線・ブルーライトカットの効果、大気汚染から肌を守る、ヒト幹細胞培養液配合のオーガニックなBBクリーム。

乾燥による小じわ、毛穴の開きを予防し、表皮の凸凹、シミもしっかりとカバーします。

  • ホンマでっか!?TVでも取り上げられました。

価格
4,320
評価
評価5
備考
送料無料
ディレイアTO BBクリームの口コミ
maNara リキッドBBバーの特徴
たった30秒で仕上がる手軽さが人気のスティック型BBクリーム。毛穴、シミ、くすみ、そばかすもしっかりカバーしてくれます。日中もうるおいがキープできるように、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど美容液成分をたっぷり配合。
  • 45日間全額返金保証
価格
2,720
評価
評価4.5
備考
送料無料、SPF35、PA+++
maNara リキッドBBバーの口コミ
スティックタイプなのに柔らかくて肌に伸ばしやすいところが気に入っています。これ1本でちゃんとベースメイクが仕上がるので、旅行の時に重宝しました。時短にもなるし、荷物も減るし・・・良かったです

引用元:アットコスメ

時短&手が汚れないのは嬉しいです!

スティックタイプは初めてでしたが、使い勝手はすごく良かったです。
私は少し塗ってある感がある方が好みだったので、自然な感じだと思いました。
引用元:アットコスメ

忙しい朝にはぴったりです!

リキッドバーなので、肌に直接塗りスポンジなどで伸ばすだけでOK!
伸びもいいです〇
引用元:アットコスメ

発売当初から使っていて塗りやすくカバー力も満足。新しくなってお気に入りの「大きなスポンジ」付きだったので、迷わずこちらで購入しました。本当に肌に載せた瞬間にのびてより塗りやすくなりました。気持ちカバー力が少なくなった??気もしますが厚塗り苦手な私にも十分です。

引用元:アットコスメ

江原道 グロス フィルム ファンデーションお試しセットの特徴
シルクのようにふわり艶めく肌を演出できる映画・テレビの撮影現場でも使われるコスメブランド。光拡散効果で毛穴、小じわもきれいにカバーしてくれます。
価格
908
評価
評価4
備考
送料無料、SPF30、PA+++
江原道 グロス フィルム ファンデーションお試しセットの口コミ
きめ細かなパウダーで、スルスル肌にのってくれます。

サッとのせただけでしっかりカバーしてるれるので厚塗りの心配がありません。
1度使うと他のファンデーションだと物足らなくなります。
引用元:アットコスメ

すごく軽い感触でさらっとしてますが乾燥はしません。ややマット寄りで、時間が経つと自然な艶がでます。一般的なパウダーファンデより薄づきなので厚塗り感はないです。

夕方などティッシュオフすると皮脂と一緒にファンデも少しとれますが、軽い粉なので重ねても汚くなりません。
落としやすくて肌に負担の少ない、でも仕上がりのきれいなファンデーションだと思います。
引用元:アットコスメ

江原道のパウダーファンデーションは時間が経つほど綺麗になると思います。付けたては他のパウダーファンデーションと仕上がりは変わりないなですが、夕方の状態が違います。私は乾燥肌なので時間が経つと肌がしぼんで目の下がかさついてたるみが気になってくるのですが、こちらはある程度持ちこたえてくれています。

引用元:アットコスメ

シルキー モイスト ファンデーションの特徴
美容成分80%の1つで7役(美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コントロールカラー、ファンデーション)のファンデーション。色はナチュラル、ライトナチュラルの2色。
  • 10日間全額返金保証
  • 色交換無料
価格
4,500
評価
評価4
備考
送料無料
シルキー モイスト ファンデーションの口コミ
化粧下地なしでも綺麗だし、お肌の赤みもふんわりカバーできてます。軽いつけ心地で保湿力もバッチリなんだけど、残念だったのはややくすみやすいって事かな。

引用元:アットコスメ

口コミが多くて良さそうなので直ぐに購入しました。伸びがよくて、重くないのにカバー力があり、とても良い商品ですね。

ブラシでササっと簡単にキレイな艶肌になりますよ。ファンデーションの前に色々塗らなくて良いので今までで一番シンプルに仕上げる事が出来てます。
引用元:アットコスメ

大絶賛しちゃいます。ものすごく気に入っています。なにせ、テクニックいらずで簡単に美肌になれる優れものです。

伸びが良く、ワンプッシュ分をすっと肌に広げるだけ。テクニックを気にしたことはありませんが、ムラなく、均一に塗ることがコツと言えばコツでしょうか。
引用元:アットコスメ

ラノア ミネラルCCクリームplusの特徴
ノンケミカルの多機能ミネラルCCクリーム。紫外線をカットし、スキンケアしながらメイクアップ効果を一本で叶えます。CCクリームはカバー力が低いので薄化粧、自宅用としておすすめ。
価格
2,970
評価
評価3.5
備考
SPF50+、PA++++
ラノア ミネラルCCクリームplusの口コミ
セラミドたっぷりの保湿力抜群ということで気になっていましたが、本当に乾燥しずらい!!

夏場はエアコンとかで肌がカサカサになってきたりするのですが、ならなかったです。
引用元:アットコスメ

 

40代・50代の美肌には保湿できる美容液ファンデが必須

 

 

40代になると肌の質が変わります。疲れが直ぐに肌に出たり、目のまわりがくすんだり、乾燥が酷くなったり。若い頃とは違い、化粧ノリも悪くなりがちです。そんな時にお勧めなのが、美容液ファンデーションです。初めて耳にする方のために、これから美容液ファンデーションについて紹介していきます。

 

美容液ファンデーションとは

 

美容液が配合されているファンデーションのことで、使用すると肌の水分量を上げてくれ肌がしっとりするため乾燥肌の方に愛用者の多いファンデです。

 

そもそもファンデーション自体、肌への負担となります。それを少しでも軽減してくれるのが美容液ファンデーションなのです。メイクをしながらスキンケアもできるという優秀なファンデーションです。

 

メイクの崩れは乾燥から起こりやすくなります。その乾燥をケアすることで、化粧くずれをなくします。美容液ファンデーションは肌をしっかり保湿してくれるので、悩んでいた乾燥肌にもしっかり効果を表してくれます。

 

美容液ファンデーションの種類

 

美容液ファンデーションの種類は3つあり、リキッドタイプ、パウダータイプ、クッションタイプが代表的です。通常のリキッドタイプは乾燥肌の方にお勧めされていますが、ここに更に美容液をプラスしたのが美容液ファンデーションです。

 

つまり、酷い乾燥肌の方にも潤いを保ってくれる、強い味方です。パウダータイプは、リキッドを使い慣れていない方や、ベタつきが気になる方にお勧めです。馴染みがよくサラサラな仕上がりなので、とても使いやすいです。

 

美容液がたっぷり含まれているので、しっかり潤いのある肌をキープしてくれます。クッションタイプは、スポンジにもともとファンデーションが含まれています。化粧下地も必要なく、忙しい朝には大変便利です。

 

美容液ファンデーションは、クッションタイプに美容液もたっぷり含ませています。ですから化粧下地をしない化粧くずれが不安、という方でも安心して使用することができます。

 

美容液効果でシミ、くすみをカバー

 

美容液はとても優秀な機能を持っています。美白効果、肌の老化を防止、シミやくすみを増やさないなど様々なメリットがあります。特にシミやくすみに関してはしっかりカバーしてくれ、結果的にそのことが肌の老化を防ぐことに繋がります。

 

肌の乾燥や乾燥からくる小じわなどに効果を発揮し、肌へのストレスを軽減してくれます。通常のファンデーションでは補えなかったことが、美容液ファンデーションでは満たすことができます。

 

肌に潤いをもたらすだけではなく、その持続性に長けていたり、肌にツヤ感を出してくれるので、女性の強い味方です。お肌に悩みを持っている方は、一度美容液ファンデーションを試してみてください。毎日を生き生きと過ごせるきっかけとなれば嬉しいです。

 

市販の美容液ファンデ

 

エスティローダー ダブルウェア ステイインプレイス メークアップ

参考価格:6,480円
SPF10
1998年の発売以来、ベストセラー&ロングセラー製品として絶大な支持を得ている、エスティ ローダーのNo.1(*1)ファンデーション。至近距離でも毛穴ゼロというカバー力、時間がたってもメーク直しゼロ。隙のないパーフェクトな仕上がりで、一日中輝き続ける、自信美肌へ。
⇒ 詳細はコチラ

 

 

ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト ウォータープルーフ

参考価格:3,456円
SPF40 PA++++
シワ・ハリが気になる方へのエイジングケアするBBクリーム。 うるおいを重視した多機能BBクリームで、程良いツヤ感が出るような自然な仕上がりで1日中うるおいが続きます。
⇒ 詳細はコチラ

 

⇒ 40代・50代におすすめのファンデーションはこちら

 

自分に合ったファンデーションの選び方のポイント

 

 

化粧水や乳液など、オールインワンなどが出て迷う一方、メイクの基礎となるファンデーションも各メーカー、多種多様でリキッド、クリーム、パウダー、スプレーなどのタイプがあり、美白効果や日焼け止め効果、保湿効果、ニキビケア、小じわ・毛穴対策用などありますよね。

 

肌質に合わせてファンデを選ぶ

 

顔が全体的にべとっとしていてテカテカしてしまうオイリー肌、顔が突っ張ったり、カサカサしている乾燥肌、顔の目元や口元など部分的にカサついて、おでこ、鼻、頬などTゾーンががべたつく混合肌と大きく分けて3つの肌質があります。

 

  • オイリー肌 パウダータイプ、さっぱりリキッドタイプ
  • 乾燥肌 クリームタイプ、美容液ファンデ(保湿リキッド)
  • 混合肌 パウダータイプ、リキッドタイプ、部分ファンデーション

 

細かいことを考えずに大まかに分けると肌質で会っているファンデは上記のようになります。

 

年齢別でおすすめファンデーションも変わる

 

10代、20代は、ニキビや敏感肌などで悩んでいたり、流行りのメイクなどで使うファンデーションは個人で違いますが、選べるファンデのタイプは大きく分かれます。

 

敏感肌やアレルギー肌、ニキビ肌の方は薬用ファンデーション、無添加で化学物質をつかっていない天然素材のファンデーションなどがおすすめです。肌の炎症を抑える意味では大人ニキビが気になる30代でも人気のファンデです。

 

30代になると様々な肌の悩みが出てきて小じわ、シミのカバー、大人ニキビなどがあります。学生時代の日焼けでシミが出てきたり、目元にクマや、口元にしわなど一気に現れてくるのです。

 

30歳を過ぎると小じわ、目元、口元のしわ、部分乾燥、乾燥によって加速して増えてくるシミなど、肌の乾燥が原因になっている肌トラブルが増えてきます。ただ隠すだけの厚化粧では隠せない状態になります。

 

30代以降のお肌は乾燥が強くなるのでとにかく保湿効果のあるファンデーションが必要で、保湿成分が配合されている美容液ファンデーションがピッタリなんです。

 

ファンデーションを買うとき重視する点

 

肌の水分量が多いとターンオーバーが正常に行われるのでシミもできにくくなるのですが、日焼け止め効果、UVカット機能のあるファンデを選びましょう。紫外線は年中降り注ぎ、メラニンを増やしたり肌組織を壊しシワを作る原因にもなります。曇りの日雨の日でも紫外線対策を忘れないようにしましょう。

 

ただ、強力な日焼け止めクリームなどは海や山のレジャー以外、日常では使用しない方がいいかもしれません。日焼け止め効果が高いものは肌にも悪影響を与える紫外線吸収剤などが含まれている場合があるためです。

 

⇒ 40代・50代 ファンデーションランキング

 

肌に合ったファンデーション選びで化粧崩れを防ぐ

 

 

ファンデーションの種類は多く、定番のパウダーやリキッド、クリームタイプなどがあります。肌質によってどのタイプを選んだら化粧崩れなく1日中きれいでいられるかが決まってきます。

 

いろいろな種類を使ってみるのが一番わかりやすいともいえますが、年齢によって肌質も変化しますからだいたいの目安を紹介しますね。肌質は大きく分けて、乾燥肌とオイリー肌、このどちらもあわせ持つ混合肌に分かれます。

 

乾燥肌の人におすすめなのは、水分、油分の多いリキッド、クリームファンデーションです。パウダーファンデだけだと頬の方が粉っぽく浮いてしまうことがあります。 リキッド、クリームタイプのなかでも美容液の入っている美容液ファンデーションなら乾燥を防いでくれるので尚いいですね。

 

オイリー、混合肌の人にはパウダーファンデーションがおすすめです。あぶらが目立つからと大目にファンデを塗ってしまうのはやめましょう。お肌が抵抗して余計に脂性になったしまうことがあります。

 

ミネラルファンデーションもきれいにお肌をカバーするのでおすすめです。乾燥肌の人はお肌に優しいからとミネラルファンデーションを使いたいということもあると思いますが、定着しにくく化粧崩れしてしまうことがあります。 この場合は、メイク前の保湿をしっかり行うようにするといいですよ。

 

タルミ毛穴を消すには

 

お肌がたるんでハリがなくなってくると毛穴までもがたるんでしまって目立つようになってきます。この毛穴がとても老け顔に見える要因を作っているのです。 大きな深いしわなどがなくても、毛穴が開いてしまっただけで10歳は違う見た目になるといっても過言ではないかもしれません。

 

毛穴を目立たなくする対策としては、肌をこすったりしないこと、徹底的に保湿すること。 お肌は触れば触るほど角質が暑くなってくるのでごわごわ肌になり、肌につややハリがなくなってくるのです。

 

ですから、コットンで化粧水などをパッティングするときも絶対に擦らないでやさしく押すようにしましょう。また、もったいないからと化粧水を少ししかつかわないと摩擦で肌が傷みます。できればコットンを使用しないで手のひらで化粧水をつけるほうがアンチエイジングにはいい効果が期待できますよ。

 

毛穴を隠してくれるタイプの化粧品はあまり使わない方がいいです。フェイスパウダーのようにファンデーションの上から光が乱反射させるようなものはいいですが、コンシーラーみたいなものを毛穴に押し込むような化粧品は使わないようにしましょう。

 

一時的にはきれいに見えるかもしれませんが、確実に肌をいためてしまい、さらに毛穴が目立つようになってしまいます。保湿できる美容液ファンデーションなら毛穴が広がるのも防ぐことができます。

 

肌のくすみの原因は?

紫外線もきっちりケアして、スキンケアも抜かりがないのになぜか肌がくすんでくる。肌のくすみには冷え症が関係しているそうですよ。 美白コスメや角質ケアをしても改善できないくすみには冷えを解消することが一番です。

 

こういったくすみ肌の原因は血行の悪さにあります。血色が悪いとも言われますが、肌の色は黒くないのににごったような印象を受けたり元気がないようにも見えてしまいます。 不健康そうな顔に見られたり、目の下のくまが青いばあいは血行がよくない可能性が高いです。

 

くすみの原因が血行不良の可能性が高い人は・・・

  • 不健康な顔色だといわれる
  • 美白化粧品を使ってもいつも肌がくすんでいる
  • 寒い時期(紫外線が少ない)でもくすみが取れない
  • 目の下のクマが青っぽい色をしている

こういった人は極度の運動不足だったり、手足がいつも冷たい冷え症だったりします。また、逆に手足だけがぽかぽかする(ほてる)という場合も内臓が冷えていることが多くそれが原因になっているのです。

 

冷え性は自律神経が影響していることが多くこういった体質の方は乾燥肌である可能性も高いので、保湿できる美容液ファンデーションを使うことで肌荒れやくすみまで解消できることもあります。

 

⇒ 40代・50代におすすめの美容液ファンデはこちら

 

ファンデーションの色合わせは重要!

 

 

ファンデーションを選ぶときに悩むことというと色合わせという人も多いんですよね。 自分の肌に合っているのか、白く浮いたりしないか? 逆に顔が黒くなってしまわないかっていうのをいろいろと考えてしまいます。

 

肌の色とギャップが大きいファンデーションのカラーを選んでしまうと、厚化粧に見えますし顔が白浮きして違和感が出てしまうことがあるので、色選びは慎重に行いましょう。

 

色白な人

軽いピンク系のカラーを選ぶと、青白さも隠してくれます。黄色っぽいカラーが強い肌色の場合もピンク系でOKです。クスミがない血色のいい顔色にしてくれます。

 

赤みが強い肌色の人

頬のあたりなどが赤いことが多いという方は、ベージュ系がおすすめです。普通肌用と書かれているものもあります。

 

肌が乾燥しがちな人

このページで紹介しているような美容液ファンデーションやBBクリーム、リキッドタイプ、クリームタイプが おすすめです。肌が乾燥していると粉がなじみにくいのでパウダーファンデーションは使わない方がいいですね。

 

オイリー肌、皮脂が多くテカリが気になる人

鼻の頭や、おでこなどに皮脂が多くてテカッてしまうという人には、パウダーファンデーションや、粉状のミネラルファンデーションがおすすめです。また、皮脂の多い人は化粧下地でテカリを抑えてくれるものがありますのでそういった化粧品を使うのもいい解決策になります。

 

⇒ 40代・50代 ファンデーションランキング

 

美容液ファンデーションのQ&A

 

美容液ファンデーションとBBクリームとの違いは?

美容液ファンデーションとBBクリーム、CCクリームの違いはほぼありません。一般的には美容液ファンデーションの方が美容成分が多く配合されていてカバー力も高いのですが、これも製造メーカーによって変わってきます。美容効果を得るために30代以降の方が使用するならBBやCCよりも美肌成分が多い美容液ファンデーションをおすすめします。

美容液ファンデーションを使うとテカリが強いんだけどどうすればいいの?

美容液ファンデーションを使って皮脂が浮いてきてテカリが出てくるなら、美容液ファンデーションを使う前の化粧水、乳液、クリームなどの量を調整するといいでしょう。クリームや乳液、美容液など油分の含まれるものは少なめに使いましょう。美容液ファンデーションには美容成分が配合されているので必要以上に使う必要はありません。また、それでもテカリが酷いなら化粧水もさっぱりタイプに変えるといいでしょう。

 

40代・50代のスキンケアで気を付けたいこと

 

40代以降のスキンケアがその後のお肌年齢を決めるといっても過言ではありません。間違ったケアをして大人の美肌の落とし穴にはまらないようにしましょう。

 

スキンケアというと顔を洗ったり化粧水を塗ったりするお手入れを考えがちですが、20代、30代のみずみずしいお肌の時はそれだけで輝いたでしょう。しかし、40代からは肌表面だけの浅い層のお手入れではいけないのです。エイジングをふせぐにはその奥にある皮下組織や筋肉にいたるまでの深い部分のケアが不可欠なのです。

 

まずはクレンジングや保湿などを丁寧におこなうことは当たり前で、ざらつきやゴワつきといった表面のトラブルを解消しましょう。お手入れをするときはマッサージするようにやさしく深いタッチでお肌にさわるようにすることです。意識してやればしわやたるみといった深い部分の悩みにも対応できるのです。

 

正しいお手入れを毎日コツコツと続けていれば、それが習慣となり血流が高まってお肌の基礎代謝もアップしてきます。にきびやむくみといった急にくるトラブルにも十分対応できるお肌になります。

 

表面の層のお悩みには丁寧なクレンジングと水分たっぷりの補給をします。それはたいていのトラブルが落ち切れてない汚れと潤い不足からくるからです。化粧水をたっぷりとバシャバシャ使いましょう。

 

さらに深い部分のお悩みは持ち上げマッサージを実行しましょう。お肌を土台から立て直すのです。毎日のスキンケアのときにお肌の下の筋肉を刺激していきましょう。30代のお肌に必要な美容成分を配合している保湿力の強い基礎化粧品を使うことをおすすめします。